詰め物・被せ物

保険の白い詰め物は何でできているの?

保険の白い詰め物は何でできているの?

保険治療で出来る白い詰め物の素材は、コンポジットレジン(CR)というものです。レジンは保険がききますがメリット・デメリットがありますのでご説明します。

銀歯の詰め物を白い素材に変えたい

歯科医院のホームーページで、金属の詰め物がしてあったところが白く自然な歯のように修復されているのを見たことがあるかもしれません。

これは元々あった金属の詰め物を削ってきれいに除去し、新しくコンポジットレジンというプラスチックのような素材を詰めて埋めたものです。

歯とほぼ同じ色で治療出来るので、銀歯が目立って嫌だとおっしゃる患者さんの詰め物を白いものに変える際に良く使われます。同じ白い詰め物で、セラミックという材料もありますが、こちらは保険がきかない自由診療となりますので、治療費が高額です。

コンポジットレジンは何で出来ているの?

コンポジットレジンは虫歯治療によく使用される合成樹脂(プラスチック)です。単にレジンと呼ばれることも多いです。

コンポジットは英語で複合という意味で、2種類以上の物質が混ざり合って1つの成分を形成していることを示しています。レジンとは樹脂のことです。

コンポジットレジンの配合はセラミック粒子と合成樹脂が8:2の割合となっており、ペースト状のプラスチックを直接歯に詰めて、特殊な光を当てて固めます。自由度が高く、最小限の治療(大きく削らない)で済むので、処置の時間が短く、歯への負担が少ないとされています。

コンポジットレジンのメリット・デメリット

手軽に治療出来て保険がきく白い素材ということで、保険診療の詰め物は殆どコンポジットレジンを使う歯科医師がおられる一方で、コンポジットレジンにはデメリットもありますので、メリットとデメリットの両方についてご説明します。

コンポジットレジン(CR)のメリット

メリット1.CRは保険がきく

コンポジットレジンの詰め物は保険適用です。そのため治療費が安いというメリットがあります。同じ保険適用の治療方法として銀歯がありますが、銀歯は金属なので目立ち、金属アレルギーになる危険性もあるため、コンポジットレジンを希望する方が増えています。ただし、コンポジットレジンの被せものに関しては一部保険適用外になります。。

メリット2.審美性が高い

コンポジットレジンは白いので天然歯となじみやすく、詰めた部分が目立ちにくいというメリットがあります。白色にもさまざまな色調があるので、歯に合った色を選択することが可能です。

審美性が高い白い詰め物としてほかにセラミックがありますが、セラミックは自費治療となるため、保険適用のコンポジットレジンと比べると費用がかなり高くなります。保険でなるべく安くきれいにしたい方、銀歯にしたくない方にはおすすめです。

メリット3.歯を大きく削らないで済む

金属の詰め物の場合、詰め物をはめ込むためにかなり大きく削る必要があります。しかしコンポジットレジンでは歯に直接埋められるため、歯を削る範囲を少なくできるというメリットがあります。

歯を削る量が少なく、すぐに接着剤を塗るので手早く治療出来、感染症の危険性も少なくなります。

コンポジットレジンのデメリット

コンポジットレジンのメリットを見ると、欠点はなさそうに思えますが、実はいくつかデメリットがあります。

デメリット1.強度が低い

コンポジットレジンはプラスチックなので、金属の詰め物と比べると強度が弱く、強い力の加わる奥歯では欠けたり割れたりすることがあります。強度の問題から、あまりに深い虫歯や、広範囲を削るケースではおすすめできない場合があります。

デメリット2.経年劣化により変色する

コンポジットレジンはプラスチックなので、長期の使用により若干の変色や艶の消失が起こることがあります。また、表面に歯垢などの汚れがつきやすいため、定期健診で表面をツルツルに磨いてもらってメンテナンスする必要があります。

表面が変色しても歯医者で研磨するとすぐに修復できます。コンポジットレジンを完全に削り取って、再度レジンで詰め直すこともあります。しかし、何度も修復を繰り返すとレジンに接していた部分の健康な歯を少しずつ削る必要がありますので、レジンを詰める範囲が広がってしまう恐れもあります。

デメリット3.歯科医師の技術で仕上がりが決まる

型とりの必要な詰め物の場合、詰め物の精度は歯科技工士がカバーできますが、コンポジットレジンは完成までのすべての工程を歯科医師が行いますので、歯科医師の手先の器用さやテクニックによって治療の出来栄えがかなり変わることがあります。

雑な詰め方をすると、その部分にデンタルフロスが引っ掛かったり、通らないということも起こり、その後のセルフケアがやりにくくなります。

コンポジットレジンの治療の流れ

コンポジットレジンの治療は、型取りが必要ないためかなり手軽です。実際にどのように行われるのか、銀歯をレジンに置き換える治療を例に見ていきましょう。

  1. 古い詰め物を除去する
  2. 虫歯があればその部分を削り取る
  3. ペースト状のプラスチックを詰めて特殊な光3~10秒当てて固める
  4. 表面を磨いたり歯のかたちを整えてかみ合わせをチェック

まとめ

歯の治療中

コンポジットレジンのメリット・デメリット、銀歯を白いレジンに変える際の治療の流れなどについてご説明しました。虫歯治療で新しく詰め物をする方、銀歯を白くしたい方は、コンポジットレジンを詰める方法をご検討ください。

高槻クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック