詰め物・被せ物

詰め物が何度も取れてしまうのはどうして?

詰め物が何度も取れてしまうのはどうして?

虫歯治療で詰め物をしたけれど、すぐに取れてしまう方がおられます。詰め物が取れるとその都度歯医者に行かなくてはならないのですが、どうして何度つけてもらっても取れてしまうのか、疑問に思われるのではないでしょうか。詰め物が何度も取れてしまう理由をご説明します。

詰め物が取れる理由

歯から詰め物が取れてしまう場合は、どのような理由があるのでしょうか?

1.歯ぎしり・食いしばり

詰め物が何度も頻繁に取れる場合に考えられるのは、歯ぎしりや食いしばりがあるせいで、詰め物に強い力や、歯を揺らすような力がかかっているということです。

歯ぎしり・食いしばりの癖は、一部の歯に強い力を継続的にかけますので、詰め物が外れやすく、詰め物が割れたり欠けたりもしやすいです。

2.二次虫歯(二次カリエス)

詰め物と歯の隙間から虫歯菌が中に入り込んで、詰め物の下で虫歯が出来ることがあります。特に銀歯は隙間が出来やすいので二次虫歯の心配があります。

自費診療のセラミックの詰め物の場合は、歯との間に隙間が出来にくいため、二次虫歯は起こりにくいというメリットがあります。

詰め物の下が虫歯になっている場合は、一度詰め物を全て取り除き、虫歯に侵されている歯周組織を削って取り除いた後に、もう一度詰め直します。

3.経年による噛み合わせの変化

私たちの歯の位置は、親知らずが生えてきたり、抜歯で歯を失ったりすると少しずつ移動することがあります。噛み合わせが変わることで、歯に今までよりも力がかかるようになって、詰め物が外れてしまう場合があります。

4.接着剤・素材の劣化

詰め物と歯を接着するための歯科用セメント(接着剤)が経年劣化を起こすと、詰め物が歯から外れてしまうことがあります。金属の詰め物が劣化・破損して外れる場合もあります。

取れた詰め物は保存しましょう

口の中で詰め物や被せ物がとれたことに気づいたら、噛まないように気をつけて吐き出してください。その後、捨てずにケースか何かに入れて保管し、歯科医院までお持ちください。

劣化がひどくない場合は、元通りに合着させることができたり、大きな被せ物は仮歯で再利用できることもあります。

詰め物が取れた部分は清潔にしましょう

本来保護してくれる詰め物・被せ物がなくなった土台の歯は、とても脆弱になっています。細菌や汚れに対して無防備で、放置しておくとあっさり虫歯に感染してしまいます。

食後はできるだけすぐに歯磨きをすることを心がけて、清潔に保ちましょう。

詰め物が取れたらそのまま放置しない

もし、詰め物・被せ物がとれてしまっても、痛みもなく、食事もさほど問題ないとしても、「大丈夫だろう」と楽観視せずに、すぐに歯科医院に行くことを考えましょう。

遅くても1ヶ月以内には必ず診てもらわないと、もしそれ以上経つと、二次虫歯になっていなかった場合でも虫歯ができる可能性が高いです。

まとめ

詰め物

詰め物が何度も繰り返し外れる場合の原因は様々ですが、補綴物の形が歯に合っていないということもあります。いずれにしましても、何度も外れると歯に悪影響がありますので、早めに歯医者を受診するようおすすめします。

高槻クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック