審美歯科

ラミネートべニアは痛い?どんな治療か教えて

ラミネートべニアは痛い?どんな治療か教えて

ラミネートべニアは痛い?と気にされる方がおられます。審美治療で使用されるラミネートべニアについて、どんな方法で行うのかなど詳しくご紹介いたします。

ラミネートべニアとは

ラミネートべニアとは、どのような歯科治療でしょうか。大まかに治療の流れについてご案内いたします。

  1. 歯の表面のエナメル質を薄く削る
  2. 凸凹の面を平らにする
  3. 接着剤を歯に塗布する
  4. 薄い板状になっているセラミックやジルコニアを歯に貼り付ける

これがラミネートべニアと呼ばれる施術で、手軽に歯を美しく白くできます。クリーニング後ホワイトニングによる白さより、接着で長い時間白さのある歯を保てる治療法です。女性の方においては、付け爪(ネイルチップ)を想像するとより分かりやすいと思います。

ラミネートべニアが向いている方

下記のようなお悩みがある方に向いています。

  • 歯並びが数本のみ気になる
  • 通常の前歯より小さく歯が生えている(矮小歯)
  • 歯のガタガタやねじれが気になる(叢生・捻転歯)
  • 前歯が変色している
  • 歯の先端が欠けている
  • 歯と歯の隙間が空くすきっ歯(正中離開・空隙歯列)
  • ホワイトニングをしたが効果が見られない

このようなお悩みを解消するために行う審美歯科の治療法です。むし歯は健康を保てなくなりますが、ラミネートべニアは健康というよりも見た目に重きを置くので、保険適用外で自費治療です。費用はクリニックにより異なります。

噛み合わせが悪い方や食いしばり・歯ぎしりの癖がある方はセラミックが割れるリスクがあるため、ラミネートべニアをおすすめすることができません。

興味あるけど痛い?

ラミネートべニアを希望される方において、歯を削るという処置が必要となります。なぜ歯を削っておかねばならないのか、それは下記の理由によります。

  • 表側の接着剤(セメント)をつける部分をはがれにくくするため
  • 削らず通常の歯にラミネートべニアを貼ると歯の厚みが増し、口元が閉まりにくくなるため

エナメル質の表層を0.3mm~0.8mm(歯科医院や患者様のお口の状態によって削る量が異なる場合があります)、痛みが出ない程度に歯科医師が削ります。万が一削って痛みが出た場合でも、痛みを取り除く治療をきちんと行い、それが終了してからラミネートべニアを行います。

歯の組織について

歯は主に三つの組織で形成されています。

エナメル質
色は半透明で人間の体の中で最も固い組織と言われています。
エナメル質が白く見えるのは、中にある象牙質が透けて見えるからです。

象牙質
硬組織であるハイドロキシアパタイトと軟組織のコラーゲンでできています。
エナメル質の破折が起きないよう柔軟性を持っているが、象牙質の色合いが歯の色を左右する。

歯髄
歯の中心にあり、象牙質で囲まれた歯髄腔にあります。
一般的に、歯の神経と呼ばれる部分はここにあり、歯髄に触ると痛みが走ります。

ラミネートべニアの際に注意すべきこと

ラミネートべニアのメリット・デメリット

ラミネートべニアは、通院回数がクラウンのセラミックと比べて少なく、セラミックの前歯を手に入れられることがメリットです。一方で大事な天然の歯を削るため、歯の健康寿命が短くなる可能性があります。また、接着剤の経年劣化や、歯周病が進行した場合、固いものを食べて強度が落ちた場合は、再度施術を行わなければなりません。

知覚過敏の方は要注意

歯のエナメル質のみ削るので、痛みは伴いません。ただ、加齢や歯磨きの刺激による歯茎下がりがある方は、知覚過敏になっています。そのため、歯を削る振動で痛みを覚えることがあるので、担当医にあらかじめご相談ください。

ラミネートべニア後の痛みの処置

ラミネートべニアの施術中には麻酔を行っているため、歯を削る痛みの自覚症状はありません。麻酔が切れてきた段階で、個人差はありますが、痛みやしみると感じることがあります。その際は、歯科医院で処方された痛み止めを服用し、様子を見るようにしましょう。2週間以上経っても痛みが引かない場合は、ラミネートべニアを行ったドクターかスタッフへご相談ください。

まとめ

被せ物より削る範囲が少ないラミネートべニアです。きれいな白さや前歯に改善したいと思われたら、無料カウンセリング(当院は予約制)を行っている歯医者さんへお気軽にご相談ください。治療計画や料金等しっかりと説明を受け、不安な点をすべて解消し、症例が多い安心できる審美歯科で治療を行ってください。

高槻クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック