入れ歯

入れ歯を装着すると出っ歯に見えるって本当?

入れ歯を装着すると出っ歯に見えるって本当?

高槻クローバー歯科・矯正歯科 歯科医師 髙野 祐

入れ歯を装着すると出っ歯に見えるから嫌だという方も多いです。今日は、入れ歯の種類や出っ歯に見える原因について詳しくご紹介いたします。

入れ歯はどんな時に必要?

虫歯・歯周病・外傷により、歯を失ったり、抜歯の処置を受けなければならない方はおられます。歯の機能の回復や審美性を高めるためにも、義歯治療は必要です。義歯治療には、入れ歯の他にインプラント・ブリッジなどの治療法があります。入れ歯(義歯)には部分入れ歯や総入れ歯があり、入れ歯も保険適用内から保険適用外の入れ歯まで種類や料金は様々です。

入れ歯が合わない理由

入れ歯のせいで出っ歯に見えて後悔した・顔つきが変わったという情報を聞くと入れ歯の治療を不安に思われるでしょうが、入れ歯が出っ歯に見える原因は、患者様のお口に合っていないことです。お口に合わない入れ歯を長い期間使用し続けると、下記のような状態になります。

食事の際に装着して噛むと痛みや嘔吐反射があると、できるだけ痛みの少ない噛み方をしてしまう。片側噛みなどの癖に繋がり、お口元の筋肉に偏りが出てしまいます。

高さやサイズが合っていない入れ歯を使用すると、噛む刺激が顎の骨や脳に伝わりません。お口周りの筋肉が落ちて痩せると、シワが目立ち、鼻の下のくぼみが顕著になります。そのため、顔の下半分が老けた印象になることがあります。

入れ歯の歯や歯肉の色が顔から浮いたり、隣接歯に付ける金具(バネ)が見えてしまうと、人工的な印象を受けます。見た目で入れ歯と周囲の人にばれるのが嫌となります。

出っ歯に見える原因

部分入れ歯の方よりも、上顎、もしくは下顎の歯をすべてなくされた総入れ歯の方が、出っ歯に見えると思われます。歯のない状態で慣れた方が、入れ歯を装着すると、口腔内に違和感を感じやすいからです。入れ歯は、患者様の噛み合わせも大変重要です。噛み合わせや高さがが合わなければ、顎関節症や、頭痛、肩こりなどの不調の原因になります。

出っ歯が嫌で引っ込んだ入れ歯にすると、今度上下の歯並びがぶつかって、入れ歯が壊れる理由となります。お口元の張りを考え、少し前に出た状態で入れ歯の位置を調整することが多いです。

入れ歯の種類を教えて

では、どんな入れ歯の種類があるのか、詳しくご説明いたします。

保険適用の義歯

レジン床義歯

  • 歯科用のプラスチックで歯茎の部分を作製する義歯で費用は安く、再調整も可能
  • 厚みがあるため、喋りにくさや嘔吐反射があり、食べ物を噛んだ時の食感は感じにくく、留め金部分に食べかすや歯垢(プラーク)が付着しやすい

保険適用外の自費治療の義歯

金属床義歯

  • 外側ではなく内側をチタンやコバルトクロムで作製するため強度が高いのに違和感が少なく、食べ物の温度が伝わる
  • 自費治療なので料金が高いことと、年月経過したら調整がしづらくなる

ノンクラスプデンチャー

  • ナイロン樹脂で作製するため留め金がない治療法
  • 金属アレルギーの方にも使用でき、柔らかく見栄えが良い
  • 樹脂で作製するため金属床義歯と比べて噛む力が落ちるのと、再調整に時間がかかる

マグネットデンチャー(総入れ歯)

  • 歯の根(歯根)に磁性体の金属を入れ、入れ歯の内部に磁石を入れる方法
  • 総入れ歯を磁石の力により、がたつきがなく、安定させることが可能
  • 歯根が残っていない場合はできず、義歯を外せばMRI撮影は可能だが、画像が乱れる

インプラントオーバーデンチャー

  • 歯根がない方にはインプラントを歯茎に埋め込み、入れ歯を支持する方法
  • 義歯を外れにくく噛む力を強くすることができ、留め具をかける歯への負担が減る
  • インプラントを埋入するための手術が必要であることと、インプラント部分のクリーニングを定期的に行わなければならない

シリコーン義歯(当院では扱っておりません)

  • 歯肉に接する部分をシリコンの材料に変更しているため、装着の際に痛みが出にくく噛める
  • 強く噛むと義歯が沈み、金具をかけている歯に負担がかかり、歯の寿命を短くしてしまう可能性がある

入れ歯にはそれぞれ特徴があり、特に自由診療の入れ歯は歯科医院によって、取り扱っている義歯の種類は様々です。自費治療は材料が多いため、歯科技工士がより緻密に入れ歯を作製することができます。

参照先:URMC

まとめ

歯が抜けたまま放置すると、反対の歯が伸びてきたり、隣の歯が倒れて歯並びが乱れ、歯みがきがしにくくなり、他の残存歯の虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。咀嚼機能を改善するためにも、歯がグラグラする、もしくは抜けた場合は、歯医者さんで相談し、処置を受けましょう。しっかりとお口の中を診断したうえで、当院ではどのような治療が患者様におすすめか、歯科医師が治療計画をご案内します。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

高槻クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック