虫歯

虫歯菌がいない人にはどんな特徴がある?

虫歯菌がいない人にはどんな特徴がある?

虫歯菌が全く口腔内におらず、虫歯になったことがない人は稀におられます。

虫歯菌がいない人はいる?

虫歯という病気は細菌による感染症とお考えください。

つまり、ミュータンスレンサ球菌などの虫歯菌に全く感染しなければ、虫歯になることはありません。食後にフッ素の歯磨き粉で丁寧に磨いても、虫歯菌をお持ちならば虫歯になる可能性があり、また虫歯になった患者様の口腔内からは間違いなく虫歯菌が検出されます。

一方で、虫歯菌をそもそも保有していない人は、感染しないということになります。それ程丁寧ではない歯磨きで、時々歯磨きをサボっても、虫歯になりません。

虫歯にならない人はこんな特徴がある

では、虫歯にならない人にはどのような特徴があるのでしょうか。
主に二つの特徴が考えられます。

歯質が強い

歯の表面には、エナメル質が存在します。人体組織の中でもかなり硬いため、固い食べ物を噛むことが可能です。ただ、エナメル質は酸に弱く、虫歯菌が排出する酸にエナメル質が溶けてしまうことが虫歯の始まりです。

歯質形成のタイミング

乳歯の歯質⇒妊娠3~4ヶ月頃
永久歯の歯質⇒乳幼児期から小学校低学年頃

歯質を形成する時期に、歯の形成成分であるカルシウムをしっかり摂取していれば、歯質を強くすることができます。

唾液の分泌量が多い

唾液には、虫歯菌など口腔内の菌を殺菌する自浄作用があります。殺菌作用が強い唾液になるためには、日常生活において唾液の分泌量が多い人が当てはまります。唾液の分泌量が多い人は、口呼吸を行わず、しっかりと食べ物を咀嚼する傾向にあります。

虫歯菌がいる場合どのような対処?

既に口腔内に虫歯菌がいる場合は、どのような対処を行えば良いでしょうか。
虫歯になりにくい口腔内にするには、歯磨き以外にも他にできることがあります。それは、唾液の分泌量を増やすことです。歯質を強くすることは限られた時間のみしかできませんが、唾液に関しては改善できます。

唾液を増やすために心がけること

口呼吸の方は口呼吸を止めて鼻呼吸をする
食べ物をしっかり噛んで飲み込むようにする

虫歯菌を保有する人は、口腔内に虫歯菌をこれ以上増殖させないことが大切です。食後の歯磨き、特に寝る前の歯磨きは念入りに行いましょう。

まとめ

お口の健康のためには、全く虫歯菌のない状態が良いです。ただ、虫歯菌を保有している方も、増殖させないようにケアを行えば、虫歯を防げます。歯や歯肉の状態がきちんとクリーニングできているかどうか状態を確認するためにも、歯科医院で定期健診を行う事をおすすめします。

高槻クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック